タイ政府が推進するプロンプトペイで電子決済も増加

タイ政府が推進するプロンプトペイPromptPayでは
手数料が低く便利なQRコードを利用した電子決済サービスを
各金融機関も積極的に導入を進めています。

決済系ベンチャーPay Solutions社の代表取締役、
Pawoot Pongvitayapanu氏もe-payment(電子決済)は
小切手、ATM支払い、コンビニ内支払いなどと比較して
急速に伸びているとしています。
2017年11月30日現在e-paymentは3億3000万件に達し、
2017年1月の3億2,000万件からも増加しています。

決済システムではBluePayサービスやAirPayサービスなどが
新規に登場し、日系決済サービス事業社Omiseはe-payment
プロバイダーのPaysbuyを購入しています。

アリババグループが導入しているアリペイAlipayでは
中国観光旅行者が利用する店舗を中心に展開を
開始しています。
タイで宿泊施設予約や商品購入がしたい中国人観光客にとって、
特に便利なサービスとして受け入れられています。

これらの激しい決済サービス競争の影響を受けて、決済手数料も
これまでの4.7%以上から3.5~3.6%以下に下がっています。

タイ国内のe-payment増加は主に食料品の発注、移動ツール予約、
オンラインショッピング決済などの利用がメインとなっています。
SamsungやAppleなどのスマートフォンプレイヤーもモバイル決済
を促進しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。