タイ証券取引所

タイ農産物商品先物取引所は2013年度に大豆とトウモロコシの取引を開始すると
発表しています。
AFET(Agricultural Futures Exchange of Thailand)では2013年度の上半期
には取引のインフラが整えられると自信を見せています。

コメ先物、ゴム先物、タピオカ先物、サトウキビ先物、パイナップル先物に続く
商品先物取引が生まれるとしています。

AFET総裁のChatri Sahavejjabhand 氏は今回の大豆取引とトウモロコシ取引
はシカゴのChicago Mercantile Exchange(CME)を参考にしているとしています。

石油先物取引とゴールド先物取引も始まっていますが出来高が非常に薄いため
一般投資家はほとんど参加していません。