タイの不動産 固定資産税

2011年度時点で固定資産税(土地・建設物への課税)はありませんが、タイの
コーン財務相は固定資産税の導入を積極的に検討していました。

しかし、Korn Chatikavanij財務大臣は2011年6月までの法案設立は困難に
なるだろうとの見方を示し、次期政権に引き継がれるだろうとコメントしました。

現実的に多くの不動産を抱える大企業、資産家の水面下での大きな反発もあり、
法案成立は困難とする見方が大多数を占めていました。

法案原案ではタイ社会の格差是正を目的とし、タイの人口の10%が90%の
不動産を所有し、90%が1ライ以下の不動産しか所有していない現状を変えると
していました。