タイの化粧品

タイランドはアセアンの中でもトップレベルの化粧ブランド・クオリティの
高い国であり、潜在性を秘めているとしています。
資生堂タイランドの代表Yamada氏はアセアン各国の経済統合が可能となる
2015年へ向けて”masstige”ブランドを生み出していくとしています。

5.5億人の人口を抱えるAsean Economic Community(AEC)に対して製品の
販売・マーケティングを進めるとしています。

Carsten Fischer資生堂タイランドシニアエグゼクティブによると
“masstige”ブランドは月の収入がBt35,000~Bt80,000の高収入層であると
していて、タイの人口のおよそ17%を想定しているとしています。
一方で”prestige”のマーケットでは5%台であると見ています。

中間層と見る人口は現時点で6000万人くらいと見ているものの、10年内に
この層は4億6000万人まで増加すると予測しています。

販売先としては高級デパートを中心にしながらも、ワトソン、ブーツなどの
中間層の利用する医薬・化粧品チェーンでも販売するとしています。