タイの自給率と輸出関連

国際連合食糧農業機関(FAO)がまとめた2007年のデータによると、
小麦やコメ、とうもろこしといった穀物の自給率(2007年)は
タイランド  166%
ラオス    122%
ベトナム   117% となっています。

穀物自給率は、100%を超えれば生産が消費を上回っていることを意味していて、
余剰分は輸出や備蓄にまわすことが可能です。
タイやベトナムは穀物生産量(2008年)がともに3000万トンを超える一大農業国
に成長しています。
特にタイはこれまでの人手による人海戦術的農作業が、クボタ、ヤンマーなどの
耕運機の導入も始まっています。

このインドシナ半島の上位3カ国の自給率は世界でもトップクラス、比較可能な
統計を持つ世界の177カ国のうち世界1位のアルゼンチンで306%の自給率の下に
続くのは
タイ 7位
ラオス 19位
ベトナム 21位となっています。

穀物の生産量ではアジア1位の中国は、自給率で世界31位の102%。
過去穀物の一大輸出国でしたが、経済発展に伴って食生活は変化し、
穀物消費量が急増。
2011年時点で世界2位の人口を抱えるインドは世界29位の105%となっています。

他のアジア先進国の韓国、日本、マレーシアは25~30%台で、自国の生産量だけ
では国内需要を賄えない計算になっています。

2008年度から新興国での需要増大や投機マネーの流入などで穀物価格は
世界的に高騰、大きく変動しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。