タイの住宅融資制度

タイ政府が2011年発表した初回住宅購入プログラム・ゼロ金利政策(2年間)
によって各銀行の融資額が増加しています。
しかしタイ住宅銀行Government Housing Bankではまだ56億バーツの融資枠が
残っているとしています。
GHB銀行頭取のWoravit Chailimpamontri氏がコメントしています。
政策発表から顧客の13700名が合計融資額は194億バーツの申し込みを
おこなったとしています。

一戸あたりが300万バーツを下回る価格で当初2年を無利子で融資する政策で
総融資額は250億バーツが可能です。
初日で3億4400万バーツを270名の顧客へ提供・融資許可を決定しています。
各家庭の平均は140万バーツとなっています。
そのうち60~70%がコンドミニアム、もしくはタウンハウスとなっています。

タイ住宅銀行では1ヵ月後には200億バーツを越えるだろうと予測しています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。