アセアン証券取引所 第1四半期

アセアン証券取引所のスタートを翌年に控え、2012年第1四半期の開始を予定
しています。

タイ証券取引所所長のCharamporn Jotikasthira氏は相互取引可能となる
システムに参加する
SET(タイ証券取引所(SET))
Bursa Malaysia(マレーシア証券取引所(BRUSA))
Philippines Stock Exchange (フィリピン証券取引所(PSE))
Singapore Stock Exchange(シンガポール証券取引所(SGX))
の4カ国でスタートし、インドネシア証券取引所(IDX)は翌年になります。

相互取引のテクノロジープロバイダーはSunGard社でプラットフォーム構築を
手掛けます。
証券会社同士の取引、個人投資家相互取引をインターネットの一つの市場で可能
とするプログラムを設置します。

またテクノロジーだけでも成功せず各国からの協調体制が必要であるとしています。
ネットワークを強めるイベントに関しては2011年7月にはプーケットで開催され、
証券会社が出席。
アセアンにある証券会社同士のネットワーク強化を目指すとしています。

タイ証券取引所では11の証券会社がアセアン証券取引所のクロストレーディング
への参加を表明しています。
4つの国の証券市場には合計3000社が上場しており、将来的にはすべてが取引
できるようになります。
また、インドネシア証券取引所(IDX)とベトナムの2つの市場の参加は数年後を
予定しています。

タイの証券会社がアセアン証券取引所に参加するメリットは2つあり、1つは
各企業へ投資の機会が広がり手数料収入が増加するとしています。
もう1つは地域拡大から他国からの資金も流入するだろうとしています。

合計7つの証券取引所は6カ国にまたがり、合計1兆8000億USドルで3200の上場企業
が加入する予定です。
アセアンスターインデックスはすでに発表されていて各証券取引所の時価総額上位
30社が選ばれる予定です。