カンボジア

カンボジアの首都プノンペンに2011年7月11日、
カンボジア国初の証券取引所が設立されて、式典が行われました。
Cambodia Stock and Exchange (CSX) に上場予定の企業群は
プノンペン水道公社
テレコムカンボジア
シアヌークビル港湾公社

カンボジア政府国営系3社が最初に上場する予定で、
2011年12月内には取引を開始する見通しを出しています。

カンボジア証券取引所は同国政府が資本55%、
韓国の韓国取引所が45%を出資しています。
韓国証券取引所のノウハウ、ITインフラを提供してカンボジア証券市場を育成してきました。

証券会社も外資参入が認められていて
Tong Yang Securities (Cambodia),
OSK Indochina Securities
CANA Securities
CAMPUBANK Securities
Cambodia-Vietnam Securities
SBI Phnom Penh Securities
Phnom Penh Securities Firmなどが証券会社として業務をスタートします。.

また2011年1月にラオスで初の証券取引所が業務を開始していて、
カンボジア証券取引所の開業でミャンマー、ブルネイを除く域内合計8カ国が証券市場を持つことになりました。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。