マレーシア 不動産

マレーシア不動産のバブルはまだ始まっていないと、AmInvestment Bank
Groupが発表しています。
2年間はその兆候は出ないとコメントしています。
ダイレクターのNg Chze氏は不動産投資信託(REITS) はバーストする兆候は
ないとしています。

まだプロパティマーケットが大きく上昇、弾ける兆候はないとしていて不良債権
の増加もなく、政府による投機規制、抑制もないとしています。

またマレーシアで初めてとなるAsia Pacific REITs fundアジアパシフィック
REITファンドを開始するとしています。
名称はAmAsia Pacific REITsとしています。
REITs はアジアパシフィックの各国の不動産へ投資するスキームのファンドです。

マレーシアではETFやREITの投資が進んでおりシンガポールについで種類が多く
あります。

シンガポール、香港の不動産の勢いはありましたが、今後マレーシア、タイなどの
中進国でも不動産の高騰が起きる可能性もあります。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。