サウジアラビア政府とタイ政府の関係

サウジアラビア政府とタイ政府の関係が修復されようとしています。
サウジの主席行使がタイを訪問し、アピシット首相と会談。

両国では1989年にブルーダイヤモンド事件が起き、公使が殺害され宝石類が盗難
されると言う事件があやふやな解決をしたとして関係が悪化していました。
今回は事件の解決を求め、サウジ側からの要請があったとしています。