タイのGDP成長率予測

世界銀行The World Bankは4月7日に発表した東アジア・太平洋地域East Asia & Pacific Economicの経済リポートで、
タイランドの成長予測は6.2%と大幅に上げています。
東南アジア各国の2010年の実質国内総生産(GDP成長率)を、
中国が     2009年比+9.5%増 (2009年 +8.7%増)
インドネシア      +5.6%増 (2009年 +4.5%増)
マレーシア       +5.7%増 (2009年 -1.7%減)
フィリピン       +3.5%増 (2009年 +0.9%増)
ベトナム        +6.5%増 (2009年 +5.3%増)
カンボジア       +4.4%増 (2009年 -2.0%減)
ラオス         +7.7%増 (2009年 +6.7%増)
 
タイは、2010年度は輸出が加速成長で +6.2%増 (2009年はマイナス2.3%減)となるとしています。
前回予測は+3.5%成長でした。ただし、マイナス要因として
政情不安と東南部マプタプット地区の工場の操業凍結などが影響を与えるものとしています。