タイ 政府貯蓄・年金ファンド(GPF)

タイの政府年金ファンドThe Government Pension Fund(GPF) は今後より
株式などへ投資していく計画を出しています。
今後増加する傾向にある退職者への十分な資金の確保を目指します。
2011年末時点の総資産額は5170億バーツ(1.5兆円)であったとしています。
2012年度で15周年を迎えます。

タイでは60歳定年制を導入していて住宅ローンも同じく60歳まで組むのが一般的です。
政府年金ファンドでは35%を株式へ振り分けていますが、これは通常の割り当てから
見ると異常に低く、2011年度末時点では68%が国債、債券類であるとしていて株式
などの割合が低いとしています。

タイのシェル石油の部長Thanasak Karnasuta氏はタイ・シェル石油の年金ファンドは
40~65%を株式へ投資しているとコメントしています。

タイでは通常40~50%が株式への投資であり、より積極的な運用ではリスクを取り
70~80%が株式市場に投資しているとしています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。