インドネシア インドモビル (IMAS)

インド・モビル(自動車)  Indomobil Sukses International Tbk (IMAS)
インド・モビル(IMAS)は、サリム・グループの自動車・オートバイ生産部門である。
提携企業は日野自動車、日産、VWヴォルクスワーゲン、アウディ、スズキなどになる。
インドネシア日産自動車会社は、
日産自動車が83.3%、ローカルパートナーのインドモービルが16.7%を出資している。

また、
日産自動車のカルロス・ゴーン社長は6月29日に、
2012年に同国工場の生産能力を倍増して年10万台に引き上げると発表した。
中間層が急拡大する同国を重要市場と位置付け、小型車「マーチ」などを現地生産、
現地販売を13年までに4倍の9万台に増やす目標を発表。

2011年に多目的スポーツ車「ジューク」の生産も始めるなど
今後、毎年現地生産車種を追加していく。
2013年にシェア10%にあたる9万台を販売する計画。

2010年時点で リヴァナ、Xトレイル、ティアナ、セリナなどを生産・販売している。