タイ BTSホールディングス(BTS)

タイのモノレールを運営しているBTSホールディングス(BTS)では
バンコクのシーロム地区を走るシーロムラインに新しく車両を導入すると発表しています。
過去シーメンス製3両編成だった車両は
中国製で長春軌道社の製造した車両で4両編成となります。

新車両は48両が納入されていて、運行開始は3ヶ月後になる予定です。

現在BRTシステムの運行もBTSの職員がおこなっていて、
今後のインフラ開発でもBTSの役割が増えていくとしています。
またレッドラインの概要も発表されていてJICA協力のもと、建設開始となります。
建設事業は
コントラクト1 バンスー駅周辺、駅周辺開発、エレベーターなど駅開発プロジェクト。
        また6.2Kmの距離の高架型モノレール建設
コントラクト2 総距離20.15Kmでバンスー駅~ランシット駅の6駅鉄道建設プロジェクト
        
コントラクト3 デザイン、エンジニアリングなどの電気周り建設工事

http://www.railway.co.th/english/index.asp

詳細はこちらになります。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。