タイ証券取引所

タイではアユタヤ県などを中心に製造業での人手不足が深刻になってきました。
タイ工業省の工業経済室では2010年後半には期間工で100万人不足する可能性もあるとしています。

大規模な工場では現在フル生産となっていて、タイ人だけでは不足する事態になっています。
そのため日系企業を中心に近隣諸国の労働者の受け入れも認めるよう
動きが始まっていました。

タイ投資委員会(BOI)は、
タイでの投資が20年以上、累計の投資額が100億バーツ以上の製造業事業について、
追加投資・設備拡張による条件で新規雇用の最大15%まで、外国人(この場合ミャンマーやラオス)の
非熟練労働者を雇用することを認めています。