東ティモール 政情とアセアン加盟

来日中の東ティモールのダコスタ外相は、同国が申請している東南アジア諸国連合
(ASEAN)加盟について「2~3年内に前向きな決定がされる」との見通しを
伝えています。
ASEANは2015年に共同体の創設を予定していて、その前に加盟したい意向です。

東ティモールに駐留している平和維持活動(PKO)部隊
「国連東ティモール統合支援団」が2012年末までに撤退予定であることに関連して
経済復興も進んでいることをPRしています。

東ティモールは、アジア(東南アジア)地域に位置する共和制国家。
1999年8月30日、国連主導の住民投票によりインドネシアの占領から解放され、
2002年5月20日独立。国際法上はポルトガルから独立したことになります。
21世紀最初の独立国。ポルトガル語諸国共同体加盟国となっています。

宗教はキリスト教が99.1%で人口113万人。
一人当たりのGDPでは2364ドルとなっています。