タイ ベタグロ・グループ

畜産大手のベタグロ・グループBetagro Groupでは2012年度の売上予測
680億バーツでおよそ+13%の売上増が期待できるとしています。
投資額6億5000万バーツをかけてBetagro MF Deli 社と日本の丸大ハム
Marudai Food 社と提携し工場建設します。

このプラントはロッブリー県で建設予定で600トンのソーセージ、
200トンの冷凍食品を輸出可能です。メインの輸出先は日本になります。
ここで発生する売上は20億バーツを越えるとしていてベタグロのCOOの
Vasit Taepaisitphongse氏は、コンビニ食品などで利用される予定
であるとしています。
この工場はベタグログループで4番目の大工場になります。

過去には2009年度には伊藤ハムと味の素社と提携。
Itoham Betagro Foods 社は5,000トンのプレミアムソーセージを生産
しています。
Betagro MF Deli 社は資本金2億5000万バーツでタイ投資委員会の認可を
得ています。

ベタグログループの売上の80%が国内の販売で残りは輸出と合弁事業からの
売上になります。