タイファクトリーデベロップメント(TFD)

タイの工業団地開発を進めるタイファクトリーデベロップメントThai Factory
Development Plc(TFD)では7億バーツを投資して新工場の建設用不動産を5万
平米確保するとしています。
場所はチャチェンサオ県で、トヨタ自動車の第3工場が建設されています。

またタイの中部の洪水エリアから退避する企業の受け皿となるとしています。
会長のApichai Taechaubol氏は「誰も不要なリスクを抱えたくないだろう」と
コメントしています。
タイにある各工業団地の中で、洪水リスクのほぼ無いエリアでは、日々価格が高騰
しているとしています。

洪水被害にあった箇所は完全回復するのは難しいため、2度目を懸念する企業は移転
を検討せざるを得ないとコメント。
TFD 工業団地の入居者契約企業も増加しているとしています。
まとまった5社はすべて洪水被災地区からの企業であったとしています。

2012年度は800ライの不動産を開発するプロジェクトは第3四半期~からと
しています。
すでに契約がまとまりかけている企業は10社あるとしています。

2011年度の業績は売上11億4300万バーツで売上げはほぼ3倍増。
純利益では1億4700万バーツと黒字化しています。

同じく工業団地開発ヘマラート・ランド&デベロップメント(HEMRAJ)は、
工業団地の拡張に25億バーツを投資します。
2012年初には20億バーツの投資を予定していましたが、
日本やタイの企業の移転需要拡大が続いているため追加投資を図ります。