タイ 賃金上昇に関して

タイの製造業メーカーは今後賃金上昇に関してより付加価値のある製品の生産が
求められるようになり、さらにアセアン共同体Asean Economic Community
(AEC)に向けた対応を求められると、タイ日本ビジネス協会では結論として
締めくくっています。

東芝タイランド会長のKobkarn Wattanavrangkul,氏は2012年度の製造業の
懸念材料は「洪水対策」と「賃金上昇」であるとしています。

またバンカディー工業団地Bangkadi Industrial Parkのオーナーでもある同氏は
9.5キロメートルの長距離の排水処理施設5.8億バーツを掛けて囲むように建設すると発表。
2012年度仮に洪水が来ても問題は起きないとしています。

バンカディー工業団地ではすでに50~60%の企業が生産ライン回復しているとしています。
東芝タイランドとしても別の候補地を探すことは無く、同工業団地にとどまり、
10億バーツを追加投資して工場を建設するとしています。

東芝タイランドは従業員スタッフが15000名。人件費のコストは製品によって10~30%を
占めるとしています。