タイの国営金融機関

タイ国営イスラミック銀行Islamic Bank of Thailand
タイ国内のイスラム金融融資拡大、イスラム金融事業融資を目的に設立した
金融機関。
イスラミックバンクは現在タイ国内26支店があり、イスラミックバンクの
2009年度の業績は預金金額 209億バーツ→213億バーツ
純利益では 2億5600万バーツで 前年度210万バーツから大きく増加している。
Islamic Bank of Thailand Act B.E. 2545 2002年法で誕生。
事業開始は2003年度からになっている。
   
タイ輸出入銀行Export-Import Bank of Thailand.(EXIB)
Export-Import Bank of Thailand (EXIM Thailand) はタイ王国財務省
管理で運営されている。
Export-Import Bank of Thailand Act B.E. 2536(1993)で設立され
資本金25億バーツで開始。
増資15億、25億バーツとなり現在128億バーツ。

短期・長期融資ともに輸出関連事業に融資をおこない、為替業務、海外事業に強い。
2011年6月時点で行員は613名。総資産681億バーツ。

その他のタイ国内展開する 外資系金融機関 東京三菱UFJ銀行 三井住友銀行、
りそな銀行、みずほ銀行、シティバンク、スタンダード・チャータード銀行、
HSBC銀行など。