タイ プルックサーリアルエステイト(PS)

今回の大規模洪水の影響でおよそ30万世帯以上が影響を受けたと
バンコク首都圏都Bangkok Metropolitan Administration (BMA) へ報告
しています。
また治水事業に関しては今後不動産に関しても多くの対策が必要になってくる
と分析しています。

不動産大手のプルックサーリアルエステイト(PS)Pruksa Real EstateのCOO
であるPrasert Taedullayasatit氏は「ミンブリー」「ノンチョック」「ラッカバン」
など今回浸水被害を受けたエリアでは、今後の対策次第で不動産評価が落ちると
見ています。

プルックサー社では都市開発局City Planning Departmentへ向けて
新規の開発エリアでは洪水浸水、ルートエリアでは万全の体制を取る様に提言
しています。
また新規に開発する住宅建設コストも1.5%~3.0%は必ず上昇すると見ています。

2011年度の業績見通しでは売上予測300億バーツを下方修正し220億~240億バーツ
と見ています。