タイ サイアム・フューチャーデベロップメント(SF)

サイアム・フューチャーデベロップメントSiam Future Development(SF)では
今後の5カ年計画で小売り施設開発事業で2倍の規模へ広げるとしています。

商業施設開発をメインにおこなっている同社CEOのNopporn Witoonchart氏は
新しい商業施設開発を5年内に、あと2~3つ追加するとしています。
各プロジェクト5億~10億バーツかかるとしています。

「多くの方は既にコミュニティモールビジネスは既に供給過剰であるという
意見が多いが十分な余地と考えがある」としています。

開発事業の開始は2013年半ばとしていて1万平米~2万平米の広さ、
現在開発中のラチャヨーティン地区のAVENUEプロジェクトと同規模にする計画です。

また同社とパートナーシップを結んでいるスウェーデンの家具大手イケアIKEAも
今後タイで進出を増やすとしています。また日本のAEONグループとも
協調して出店できないか検討しています。
AEONの子会社のSiam-Jusco Co Ltd社は28年間のタイでの歴史があり、61のMaxValue
店舗を展開しています。

SF社の2012年度の業績は売上で24億4100万バーツ、前年比+56%の大幅増でした。
純利益では14億バーツで前年比+97%増でした。