インドネシア証券取引所(IDX) セメン・バツュラジャ

パレンバン(Kota Palembang)はインドネシアのスマトラ島の南側にある都市で
展開するセメント生産事業のPT Semen BaturajaPTセメン・バツュラジャでは
2013年度は前年比+20%増を目指します。

スマトラ南部の開発が急速に進むと見ていて、セメント需要が上がると予測しています。
同社ではセメント生産新工場を2013年半ばに生産開始・稼働できる計画で、
新工場後の年間生産量は75万トンを超える見通しになっています。

開発エリアはスマトラ南部地区でまだまだ数多く残っていて、同社の生産規模と供給も
今後も増やさなければならないとしています。

同社で保有する工場は南スマトラのBaturaja、Palembang ランプンのPanjangに
合計3つの工場を展開しています。これらの工場で年間125万トンの生産量で、
主な顧客はスマトラ島とバンテン地区の企業になります。

今後インドネシア証券取引所(IDX)へのIPOを検討していて、得た調達資金で
新しい生産工場を建設します。
同社の2012年度の業績は売上では1.1兆ルピア(110億円規模) 
純利益では2930億ルピア(29億円規模)となっています。
総資産は1.2兆ルピア、負債が2520億ルピア、株式資本は9480億ルピアでした。