1. HOME
  2. ブログ
  3. タイ
  4. タイの財閥その1 チャロンポカパーンフーズ(CPF)

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

タイ

タイの財閥その1 チャロンポカパーンフーズ(CPF)

タイの食品財閥最大手 CPグループ チャロンポカパーン・グループ。
チャロンポカパーンフーズ(CPF)は農業分野の旗艦企業。
2012年度売上 3789億バーツ(100億ドル)
同グループは謝家(チエンワノン家)が基礎を作ったコングロマリット(複合企業)で、
家畜用飼料の製造業者として設立。
多角化を進め、エビの養殖・販売や鶏肉の生産・ 加工・販売なども取り扱いを始める。
タイ国内における最大の食品企業である。

農業分野以外に食料品の分野を中核事業として、通信分野“TRUE Group”、不動産分野
”CP Land” コンビニ分野”CPALL”に進出し、全部で8つの分野で事業を展開している。

国際的には、ASEAN各国や中国などを中心に世界13カ国に進出している。
特に、中国へは積極的に進出しており 正大集団(チアタイ集団)として知られ、中国最大の外資系企業となっている。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事