タイ ウェスミラーク (WIIM)

スラバヤに本社を構えるタバコ製造企業のPT Wismilak Inti Makmur (WIIM)では
インドネシア証券取引所(IDX)のIPO上場に成功しています。
初値ですぐ+20%上昇しています。
開始価格は650ルピアでその後780ルピアまで上昇しました。

同社は巻きタバコ、プレミアムタバコをブランド名”Wismilak”、”Diplomat”
”Galan”ブランドを展開していて、タバコ事業会社として4番目の大きさになります。
1位 PT Gudang Garam (GGRM)
2位 PT HM Sampoerna (HMSP)
3位 PT Bentoel International Investama (RMBA)となっています。
5位 PT BAT Indonesia(BATI)

同社では30%を株式放出していて、売却利益が4,094億バーツとなっています。
得た資金で新規投資、運転資金の拡充、借り入れの返済へ回すとしています。

2012年6月末時点で同社の総資産は6395億ルピア(63億円規模)
負債3,882億ルピア(38億円規模)
売上で1.1兆ルピア(110億円規模) 純利益で680億ルピア(6.8億円規模)となっています。