日系企業の進出ニュース

●三越伊勢丹ホールディングスは、インドネシアの首都ジャカルタへの出店可能性
を発表。
インドネシアを有力な市場として期待できると判断したため、2015年には
「伊勢丹ISETAN」ブランドでの営業を開始したいとしています。

●キユーピーは2013年インドネシアに現地法人を設立します。
資本金は15億円。
マヨネーズやドレッシングの工場を建設し、2014年から販売を開始します。
キユーピーのアジア進出は中国やタイなどに続いて5カ国目となっています。

●キノコ製造大手のホクトは11月、マレーシアに現地法人を設立したと発表しました。
現地法人は米国、台湾に続き3社目となり、東南アジア地域でのキノコの需要開拓を
進めます。
既にタイでも輸出を始めていて和食チェーンなどへ卸しています。

●サッポロホールディングスは、
東南アジアでビアホールを展開すると発表。2014年までにシンガポールに1号店を出店する
計画を発表しています。2017年までにビール工場があるベトナムを含め、
ビアホール店舗を計10店舗まで伸ばす計画です。