タイの自動車

自動車生産、電気機器、テキスタイルなどで2009年度比で大きく改善され
成長しています。
家電、電気機器類は+36.55%増加。ハードデイスクを中心に需要が伸びています。
繊維、衣料は自由貿易協定の影響もあり、金額ベースで3~7%伸びていくとしています。

輸出でオーダーが伸びているのは中国とアセアン各国からとしていて、
アメリカ、ヨーロッパの注文はゆっくりとした回復であるとしています。
2010年度の1~7月期の販売台数は422,364台、+53.8%の成長となっています。

トヨタのVudhigorn Suriyachantananont 氏はタイ政府の経済刺激政策が上手くいっている。
世帯収入の増加、消費の増加も自動車販売が好調な背景になっているとしています。
また各自動車会社で8月新型車の発表を控えていることで今後も販売台数が伸びるとしています。
2010年度750,000台は伸びるとしていて
世界経済の影響を受けつつもタイの自動車産業は好調を保つであろうとコメントしています。