マレーシア

マレーシア政府では首都圏「大クアラルンプール」の整備を進め、
2020年までに世界有数の「住みやすい都市」になることを目指すとしています。
「大クアラルンプール」に含まれるのは、クアラルンプール市と周辺の
▽プトラジャヤ
▽アンパンジャヤ
▽ペタリンジャヤ
▽スバンジャヤ
▽シャアラム
▽カジャン
▽クラン
▽セパン▽セラヤン——の9地区を合わせた面積27万ヘクタールの範囲となり、シンガポールの4倍の面積に、
2020年には720万人が住むことになると予想されています。