タイ国営石油(PTT)

タイ国営石油(PTT)ではフランス系大型小売店舗チェーンカルフールの譲渡問題で
入札に参加するとしています。
Prasert Bunsumpun社長はそのコメントでアナリストらを驚かせました。
カルフールの小売事業へ参入することでエネルギー事業以外の多角化へ進むとしています。
タイにあるカルフールの資産は見積もって6億USドルまたは190億バーツほどを見ています。

カルフールは2ヶ月前に事業売却を発表していて、
TCCグループの商社ベルリジェッカーBerli Jucker (BJC)
イギリス系テスコロータス Tesco Lotus(未上場)
サハグループSaha Group (SPC)
ビッグCスーパーセンターBig C(BIGC)
などがこれまで入札を希望すると言われています。

Prasert氏はPTTはエネルギー事業の会社であるが
コア事業とかけ離れた分野ではない、ガソリンスタンド内の小売チェーンなども行なっていることを強調しています。