タイ国営石油(PTTEP)

タイ国営石油の子会社PTT石油開発PTT Exploration and Production Plc
(PTTEP)ではタイ湾にあるボンコット南ブロックの開発・生産を開始します。
開発予定計画より3ヶ月早く開発が進んでいるとしています。
CEOのAnon Sirisaengtaksin代表は天然ガスパイプラインを通じて
3億2000万立方フィート/1日あたりで生産でき、来週以降から順次拡大できる
としています。

ボンコット油田ブロックは3箇所から新しく産出できるようになったとしています。
オーストラリアのモンタラ油田ブロック、カナダのKKDブロックでも生産拡大すると
しています。
2009年油田流出事故が発生したオーストラリアでは2012年第3四半期から生産開始が
出来る見通しで1日あたり35000バレル相当が生産できるとしています。

PTTEPでは2011年度の業績を発表しています。
それによると2011年度の売上では1007億6200万バーツ(前年比+10.1%増)で純利益
では320億7600万バーツ(前年比マイナス-11.1%減)でした。
コストで為替差損がマイナス10億バーツ掛かったのが響いています。

2016年度までに1日当たり日産50万バレルを目指すとしています。
2012年~2016年度は200億ドルを使って開発とM&Aを進めて行くとしています。