1. HOME
  2. ブログ
  3. インドネシア
  4. インドネシア 大手企業の第1四半期

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

インドネシア 大手企業の第1四半期

証券会社のサミュエル・セクリタス社ではインフラ構築・建設のために道路や
ビル、住居建設でニーズが安定的に伸びるとしています。
セメン・グレシク(SMGR)社の純利益は前年比+16%で2012年度4.5兆ルピア
(450億円)を越えると見ています。

SMGRセメン・グレシク インドネシア国営セメント
インドネシア政府56% 売上14兆3880億ルピア 純利益 3兆3260億ルピアでした。

ニッケル・パームオイルなどの金属資源、農産物に関してはヨーロッパとアメリカ
の消費減退からやや伸びないと見られています。
ニッケルの最大生産企業のバーレ・インドネシア(Vale Indonesia)では340億ルピア
(3億円)とマイナス98%と大きく下げています。

すずの最大生産企業のティマウ(TINS)はマイナス41%で2070億ルピア(20億円)
でした。
TINS ティマウ すず鉱・採掘 インドネシア政府65%
売上 7兆7090億ルピア 純利益 3130億ルピアでした。

アストラ・アグロ・レスタリ(AALI)はパームオイル農園大手企業ですが、
こちらは42%下落で3770億ルピア(37億円規模)でした。
ロンドン・スマトラ・インドネシア(LSIP)はマイナス24%で2990億ルピア
(29億円)でした。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事