タイ サイアムセメント(SCC)

タイの王室系セメント最大手のサイアム・セメント・グループSiam Cement
Group(SCC)第3四半期の業績を発表しました。
すべての事業体で好調でした。
CEOのKan Trakulhoon氏は化学製品事業から多くの事業部門で好調であった
としています。
今後はタイ国内を筆頭にアセアン域内での展開をさらに強めていく計画で
高付加価値製品High Value-Added (HVA) の販売を進めます。

ベトナム、インドネシア、ミャンマーの3カ国を注目していて
高付加価値製品の投入を進めます。
タイ国内では天然ガス価格の上昇が2014年見込まれていてタイ国内の電気料金
値上げも予想されています。
よってアセアン地区への拡大も急務となっていて建材部門でグローバルリーダー
となるべく5年間で2100億バーツを掛けて隣国進出を加速するとしています。

第3四半期の売上ではBt1138億バーツ(9%増)、純利益は97億バーツ
(前年同期比53%増)でした。1月~9月合計では売上でBt3298億バーツ、
純利益では285億バーツでした。