タイ 通信業界

アルカテル・ルーセントAlcatel-Lucent社はネットワークテクノロジーを
タイ国内で導入できると進出しています。Alcatel Lucent (Thailand)社の
代表Sebastien Laurent氏はタイのブロードバンド浸透率は10%まで伸び、
GDPのおよそ1.4%まで増加するとしています。

タイでは通信インフラに関して世界39位と前年比マイナス3位になっています。
アルカテルではモバイルブロードバンド、ワイヤレスブロードバンドは
2G回線のインフラコストよりもLTE:4Gシステム回線のほうが、低コストで調達
できるとしています。

タイランドではモバイルデータ通信量は毎年40%ずつ増加していてこのまま
通信産業が増加すれば売上は前年比+30%まで増加するとしています。

タイの設備ベースの主要電気通信事業者は、タイ政府100%国有のTOTタイ電話
公社とCATタイ通信公社で民間側ではインタッチ系のAIS、テレノール系のDTAC、
CPグループ系のTRUE、ジャスミン・グループ系のTT&T(TTT)になります。