タイ エアポートオブタイランド(AOT)

タイの国際空港を管理するエアポートオブタイランド(AOT)と
タイ政府ではスワンナプーム国際空港の第2期拡張工事を決定しました。
2011年から着工で2016年まで。
総額620億バーツを投資して
4500万人/年の処理能力を6000万人/年まで引き上げます。
8月23日よりすでにエアポートリンクの稼動も始まっていて6:00~24:00まで
営業をしています。

2009年にすでに4009万人の利用者があり、
2010年度は1~7月期で2426万人と4500万人を突破するのは確実と
見られています。
今後旅客ターミナル増設、滑走路、駐機場の拡張などが開始され、
旅客乗り入れ数も増加すると見られています。

ただし第3滑走路新規建設の着工は予算の関係上延期となり、
今後への持ち越しとなっています。