タイのバッテリー市場 1

タイの自動車バッテリー市場は年率10%の増加で推移しています。
2013年度は市場規模80億バーツに上るとしています。
クルマ販売台数が伸びているのが背景になっていると自動車バッテリー大手の
Thai Petroleum & Trading Co (TP&T)社でコメントしています。

自動車バッテリーは2年間に1度サイクルがある、堅調な市場であるとしています。
副社長のSumphan Tingthanathikul氏は毎年450万台のクルマがバッテリー交換
があるとし、そのうちピックアップトラックなどの既存流通バッテリー交換が70
%になるとしています。

タイ工業省の自動車部門(The Federation of Thai Industries)では
2013年1月~9月で生産台数は193万台。
前年同期比+12%の増加であったと発表しています。
販売台数は前年同期比+3.4%増の103万台になっています。
一方で二輪車の販売は前年同期比マイナス3.3%の159万台になっています。

同部門では2013年通年では生産台数255万台、輸出で115万台
タイ国内販売で140万台になると予測しています。
2012年度は通年で245万台タイ国内で143万台の販売でした。