インドネシア ペムバングナン・ペルマハーン(PTPP)

インドネシアの国営建設企業のペムバングナン・ペルマハーン
PT Pembangunan Perumahan(PTPP)では2014年の展望で景気減速にも関わらず
売上・純利益ともに20%増を見ています。

同社の財務ダイレクターのTumiyana氏は不動産開発部門では15~20%増の成長が
見込めるとしていて、同社の成長目標は達成可能との認識を持っています。
また重機を扱うPT Prima Jasa Aldodua社の買収も検討しているとしています。

同社は新子会社のPP Properti社をつくり不動産開発部門を引き継がせると
しています。
現在まででビル建設ではPPの契約の64%を占めていてインフラ関連契約は17%
となっています。

2013年度目標では売上で12.3兆ルピア、純利益では4070億ルピアを
目指しています。
2012年度の通年の業績では売上で8兆38億ルピア、純利益では3096億ルピアでした。