タイの工業団地

タイの工業団地を管理しているタイ工業団地公社
Industrial Estate Authority of Thailand (IEAT)では
9月末時点での工業用不動産販売が予想より好調であったとしています。
同社会長のWitoon Simachokedee氏はIEAT側で5,609ライ(1ライは1600平米)
で財政年度2013年で目標値であった5,000ライを達成できたとしています。

IEATでは、トータルソリューションセンターをマッカサン地区に
設立し、企業投資家向けにワンストップサービスを提供するとしています。
IEATが管理しているのはタイ国内で2013年時点で49箇所あり、15の県で展開
されています。
同公社が保有する総面積12,881ライを持っています。

11月より反政府デモによって海外投資家にも徐々に影響が出てくるだろうと
考えていて、今後さらに13の工業団地開発を進めていき、そのうち4つは
中小企業向けになるとし、チェンライには物流センターを備えた工業団地を
建設しています。
その他の工業団地8つはナコンラチャシマ、コンケーン、ウボンラチャタニ、
ウドンタニ、ムクダハン、サコンナコン、ノンカイ、ナコンパノムなどになります。