タイランド・モーターエキスポ 終了

反政府デモが大きくなる中で開催されていたThailand International Motor
Expoは受注台数41,083台で終了しています。
主催者であるKwanchai Paphatphong氏は11月29日より、12月10日まで開催
された同イベントは新車、中古車、クルマのアクセサリー、二輪車も含め
総額460億バーツが動いたとしています。
受注ブランドトップは
1位 トヨタ・モーターで9,075台でYarisのエコカーが好調。
2位 ホンダ・モーターで6,099台の受注。
3位 日産タイランドが4,007台の受注。
   今回から受注を開始したJukeが2000台近くを受注。
4位 いすゞタイランド 3,753台の受注。
   Mu-7の後継車Mu-Xが販売開始しています。
5位 三菱モーターで 3,689台でした。

受注台数のうちパッセンジャーカーは51.4%、SUV車26.8%
ピックアップ車が14.6%と言う数字でした。