タイ ソーラートロン(SOLAR)

タイ証券取引所上場企業のソーラートロンSolartron(SOLAR)では顧客の拡大を
目指します。
アメリカ市場、ヨーロッパ市場を目指すと共にカンボジア、ミャンマー、
インドネシアなど新興国市場も目指します。
新興国では停電が頻繁に起こるため、年間+30%以上の成長が見込めると
見ています。

同社代表のPattama Vongtuaythong氏は海外売上比率を10%から50%まで
引き上げていく計画です。
現在70MW分の太陽光発電パネル生産をナコンラチャシマ県にておこなっていて
さらにもう1ラインを建設する計画です。

2015年以降は海外展開がしやすい環境が整うことから、海外への提携や展開を
視野に入れ進めるとしています。
同社の2013年1~9月期は売上で9億1000万バーツ、純利益では9300万バーツでした。