タイ 政治 政情不安

1月21日夜にタイ政府によって非常事態宣言Emergency decreeを発令しています。
首都圏全体をカバーし、60日間の効力を発するとしています。
これによりタイ政府はより反政府デモ勢力に対して強い権力を行使することが
可能になります。
22日よりバンコク都、ノンタブリー県、パトムュタニ県の一部、
サムットプラカーン県一部が担当になります。
非常事態宣言の発令を受けて、治安当局は外出禁止令の発令や5人以上による
政治集会の禁止、メディアの検閲や令状なしでの拘束などが可能となります。

タイ平和維持行政機関Centre for Maintaining Peace and Order(CMPO)
のSurapong Tovichakchaikul氏などがオペレーティングダイレクター
として任命しました。

Yingluck首相はこの非常事態宣言により反政府デモに向けた対処ができるように
なるとしています。
また2010年度のような暴力的な事故へつながらないよう、法に則った適切な行動
を警察と軍部に指示するとしています。

2013年11月から反政府デモにより引き起こされたケガ人数は554名、また9名の死者
が出ているとしています。