タイ MAI市場

タイ証券取引所の2部市場Market for Alternative Investment(MAI)では
今後5年間で100社の新規上場を狙うとしています。
市場規模は1,800億バーツ→2,300億バーツになるとしています。

今回MAI新所長になったPrapan Charoenprawatt氏はMAIの歴史14年目、
第5代目の所長で同市場を今さらに大きくするためのプランを進めていくと
コメント。
代替エネルギー、物流、デジタルTV、サッカークラブなど有望な産業が今後も
上場を狙ってくるとしています。

過去14年間で110社のMAI上場があり、そのうち15社がSET一部へスライド上場
しています。
2014年3月時点で95のMAI企業があり、そのうち47社の時価総額は10億バーツ以下
の企業で、31社は10億~20億バーツの中規模企業20億~30億バーツの6つの大きな
企業、30億バーツのさらに大きな企業が11社あります。
2014年度は少なくとも16社のIPOが実施される予定で、2013年度は15社が上場
しました。