インドネシア AKRコーポリンド(AKR)2014年度の純利益見通し

石油化学品・ガソリン販売PT AKR Corporindo(AKR)は補助金の恩恵もあり、
2014年度の純利益は15%増の6,000億ルピアになると予測しています。

AKRの財務ダイレクターSuresh Vembu氏はバンテン、ランプン、北スマトラ、
南スラウェシ、西カリマンタンなど12州で割り当てられます。
2013年度は26.7万キロリットルでしたが2014年度は64万キロリットル分
増加します。
2014年度は新規計画で15のガソリンスタンをBPH Migasとともに新設します。
AKRは現在は116店舗を展開中です。

AKRは追加でRp 3.8~4兆ルピアの売上を見込んでいて、合計30兆ルピア
(3,000億円規模)の売上を見込んでいます。
同社は石油化学商品の流通もおこなっていて10%以上の伸びがあるとしています。

AKR社の2013年度はまだ未発表ですが1~9月期は売上でRp16兆1700億ルピア、
純利益では5,250億ルピアになっています。