タイの新規会社設立数

タイ国内の景気も反映し、2012年度の新会社設立・登記の数は60,000社以上に
なる見通しです。
タイ商務省傘下のBusiness Development Departmentビジネス開発局で
発表されています。

商務省副大臣Siriwat Kachornprasart氏はタイ国内の景気好調と内需の拡大が
あり、設立件数が増えているとしています。
同氏は欧州の経済危機とアメリカの景気低迷などはタイ国内の消費にはあまり
影響を出しておらず当分は良い状態が続くと見ています。

同局で把握している活動中の中小企業は54万社としています。
2012年9月時点の新規設立申請数は前年同期比+11%増の5,014件でした。
総資本金額は289億バーツで前年同期比マイナス36%でした。

主な上位産業では教育事業、建設事業、不動産開発事業、アドバイザー事業、
小売り卸売り事業、建設資材事業、機械販売事業、家電製品、外食産業などに
なっています。
1~8月期の数字ではわずかにマイナスの0.07%で、41,292社でした。

逆に閉鎖した企業は前年同期比+12%増加し1,204社となっています。
1~8月期の数字では7,141社が廃業となっています。