1. HOME
  2. ブログ
  3. フィリピン
  4. フィリピン 政策金利変更

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

フィリピン

フィリピン 政策金利変更

フィリピン中央銀行は金融政策決定会合で政策金利を2011年5月以来、
およそ3年2カ月ぶりに引き上げることを決定しました。
6月の+3.50%から上げ幅は+0.25%として翌日物借入金利は年+3.75%
となっています。

景気回復局面に入り、物価上昇率が続いていることで、インフレ抑制のための
政策であるとしています。
フィリピン中銀の政策金利は2011年度、2012年度は+4%台でしたが、2012年度
後半から+3%台になっています。

またアキノ大統領は、銀行の外資規制撤廃に関する法案に署名。
金融分野での外資導入を加速させて、アセアン経済共同体(AEC)に向けた競争力強化
を目指すとしています。
これまでの外資企業の最大出資比率60%を100%までに引き上げます。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事