シンガポール ウィルマー・インターナショナル(WLIL)

シンガポール証券取引所(SGX)上場企業のパーム油大手
ウィルマー・インターナショナル(WLIL)はアグリビジネスを幅広く展開します。
油ヤシ栽培、食用油精製、油糧種子粉砕、特殊油脂、油脂化学・
バイオディーゼルの製造、穀物加工・販売を主要ビジネスにしています。

2011年の売上 447億USドル  純利益 16億100万USドル でした。

1991年に設立され、農業セクターでは時価総額でシンガポール証券取引所(SGX)
トップ企業。
400社以上を傘下に持ち、中国、インド、インドネシアなどに展開しています。

また2012年度はアメリカの企業で自然・有機準拠のフルーツフレーバーの
大手開発・製造業者ブルー・パシフィック・フレーバーズ
(Blue Pacific Flavors)への買収を決定し傘下に収めています。