タイでの2014年9月の政策金利

タイ中央銀行は9月に金融政策委員会を開いて、中央政策金利を年+2.0%で、
据え置くと決定しています。
これで4月以降連続据え置きになっています。
また、タイの消費税を2015年10月以降+10%に引き上げの報道が一部出ていましたが、
タイの付加価値税VATに関しては正式に+10%に引き上げるかどうかについては
明言を避けています。

タイ中央銀行は9月に金融政策委員会を開いて、中央政策金利を年+2.0%で、
据え置くと決定しています。
これで4月以降連続据え置きになっています。
また、タイの消費税を2015年10月以降+10%に引き上げの報道が一部出ていましたが、
タイの付加価値税VATに関しては正式に+10%に引き上げるかどうかについては
明言を避けています。
タイ国内の付加価値税(VAT)に関しては1999年に10%→7%に一時的に
引き下げられたまま続いていて、10%へ戻す論議が続いています。

また、円安が一気に1ドル=107円まで進んだことでタイバーツと日本円の為替は
100円=29.5バーツまで一気に円安バーツ高 になっています。