タイのLOXLEYがカーコンビニクラブと提携

タイのIT系企業、商社のロクスレー(LOXLEY)では日本のカーコンビニクラブ社と
提携し、合弁会社を設立します。
Car Conveni Club社は日本の自動車修理企業でフランチャイズネットワークを
広げる計画です。

タイのIT系企業、商社のロクスレー(LOXLEY)では日本のカーコンビニクラブ社と
提携し、合弁会社を設立します。
Car Conveni Club社は日本の自動車修理企業でフランチャイズネットワークを
広げる計画です。
ロクスレー社の株はLoxley社が51%を保有。
カーコンビニ社が40%、残りはKPグループが保有します。

カーコンビニクラブは日本国内で800店舗のフランチャイズを保有し、小さい修理、
早い修理、がコンセプトになります。
1つの店舗への投資額はBt3000万~5,000万バーツとなるとし、5年内にタイ国内で
200~300店舗を目指していく計画です。

タイの自動車アフターサービスに関してはまだまだ未成熟な部分が多く、市場が
拡大中であるとしています。
LOXLEY社の2014年度の上半期の業績は売上で78億0700万バーツ、純利益では
1億5800万バーツになったとしています。