タイのレスターシティが国内にサッカーアカデミーを建設

タイの資本が保有する英国プレミアリーグのレスターシティLeicester City
では6億バーツを掛けてタイ国内に1~2年内にサッカーアカデミーを建設する
と発表しています。

タイの資本が保有する英国プレミアリーグのレスターシティLeicester City
では6億バーツを掛けてタイ国内に1~2年内にサッカーアカデミーを建設する
と発表しています。
スワンナプーム国際空港の近くの免税店大手キングパワーKing Power社の
保有する50ライの土地に建設し、8歳~21歳の若手プレイヤーを募集し、200名を
トレーニングする計画です。

キングパワーの会長であるVichai Srivaddhanaprabha氏はタイランドを
アジアサッカーのハブにする計画をコメントし、2010年8月に同クラブを1億ポンド
以上を掛けて買収しました。

レスターシティFCは創設年1884年の古いチームでホームタウンはレスターで、
イングランドでも古い都市になります。
ホームスタジアムはキング・パワー・スタジアムで収容人数32,500名。
キングパワーではサイアム駅の近くにチームプロダクツの商品を販売する店舗を
2014年開設。
1日5~6万バーツの売上があるとしています。