1. HOME
  2. ブログ
  3. タイ
  4. カシコーン銀行アセットマネジメントはナンバー1ポジションを目指す

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

カシコーン銀行アセットマネジメントはナンバー1ポジションを目指す

カシコーン銀行アセットマネジメントKasikorn Asset Management(KAsset)
では、タイ国内の全ての資産管理においてナンバー1ポジションを狙うとし、
2015年度は資産管理額の成長率を+14%に設定しています。
14年度と同率の成長を目指します。
カシコンアセット会長のVasin Vanichvoranun氏はAssets under management
(AUM)は13年度比+14%増で1兆900万バーツになっています。

カシコーン銀行アセットマネジメントKasikorn Asset Management(KAsset)
では、タイ国内の全ての資産管理においてナンバー1ポジションを狙うとし、
2015年度は資産管理額の成長率を+14%に設定しています。
14年度と同率の成長を目指します。
カシコンアセット会長のVasin Vanichvoranun氏はAssets under management
(AUM)は13年度比+14%増で1兆900万バーツになっています。

同社の資産管理市場のシェアは21%で7年連続トップとなっています。
ただしプライベートファンド部門のみSCBアセットマネジメントに抜かれています。
その他のミューチャルファンド、長期エクイティファンド、年金者向けファンド、
マネーマーケットファンド、外国投資ファンドは同社が首位を握っています。

同社では世界経済の平均成長率は+3%と見ていて、アメリカの金融政策は金利を
引き上げることを予測しています。
一方で、タイ国内においては原油価格の下落が同国内の経済を押し上げると予測
していて、+4%成長が可能であると予測しています。
ただエネルギー関連大手企業は株価が伸びないであろうと見ています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事