タイの大手金融機関カシコーン銀行がカンボジアのモバイル決済企業と提携

タイの大手金融機関カシコーン銀行(KBANK)では、
カンボジアにある決済企業と提携を発表しています。
モバイルバンキングサービスを導入することで、来たる
アセアン経済共同体への準備を進めるとしています。

同銀行はWing Cambodia Limited Specialised Bankと
MOUを締結。
同社はカンボジアのモバイル決済サービス大手になります。
サービス開始は15年5月を計画しています。
カシコーン銀行はタイのモバイルバンキングサービスで、
400万口座を保有しています。

Wing社はカンボジア国内においてモバイル決済を提供していて、
1万以上の取り扱い、55万件のユーザーを抱えています。
KBANKでは保有する8万口座(カンボジア人預金口座)が
同社との連携が可能としていて、地下送金ではない取引が可能に
なると期待しています。
また今後、70万人以上と言われるタイ国内カンボジア労働者の
取引銀行としての地位確立を目指すとしています。
カンボジアの人口の4%しか銀行支店を利用しておらず、
タイよりもモバイル決済が普及していく可能性を示唆しています。
今後、ミャンマーやラオスでも同様の提携を目指す計画です。
カシコーン銀行は、2015年1月にカンボジア支店を開設することを
発表しています。